Home > 記事一覧 > 【初心者必見】スマホSEO対策のいろは 〜ゼロから始めるウェブサイト~
このエントリーをはてなブックマークに追加
SEO対策

【初心者必見】スマホSEO対策のいろは 〜ゼロから始めるウェブサイト~


クイックゼロの原田です。サイトを運営するにあたって必須であるSEO、GoogleではこのSEOの基準が2018年に変化すると発表しています。そんな今回の企画は「【初心者必見】スマホSEO対策のいろは〜ゼロから始めるウェブサイト〜」と題しまして、SEOにどのような変化が訪れるのか、またどのような対策が必要かをご説明いたします。

SEOの変化

そもそもどのような変化が起きるのでしょうか、Googleはパソコンのサイトぺージではなく、スマホのサイトページを評価の基準とするという施策を発表しました。海外のSEOの情報が掲載されているサイトによると2018年に行われるようです。スマホのページは意外と対策がされていないものです。ということは、スマホSEO対策をおざなりにしてしまうと、自分のページの評価を下げることにもつながります。ここからはスマホSEOに登場するワードの説明とともに対策の重要性や、その対策についてご説明いたします。

SEOの仕組み

皆さんはそもそもGoogleがどのようにサイトの順位を決定しているのかをご存知でしょうか。順位決定は以下のような方法で行われています。

  • クローラー(ウェブサイトを巡回するロボット)の巡回
  • クローラーが収集した情報をデータベース内に取り込む(インデックス)
  • 収集した情報をもとにウェブサイトの評価(スコアリング)
  • この評価をもとに、評価の良いサイトから順に表示していく

SEOによる順位決定の流れはざっとこんな感じです。これら一連の流れからもわかるように、よく耳にするSEO対策とは、あなたのサイトをクローラーに見てもらい、データベースに情報を取り込んで(インデックスして)もらう上でより良い評価をつけてもらう(スコアリング)ための対策です。それでは、これらのことを踏まえ、ここからは本題であるスマホSEOについてご説明いたします。

今後のスマホSEOの背景

以前ではスマホ対応という面ではさほど重要視されていませんでした。しかし、スマホの普及率が激増し、私たちの生活に深く浸透する現代において、調べ物をするときに必ずしもパソコンを使うというわけではありません。こうした背景がある中で、SEOに成功しているページでもスマホ対応していないものが多く存在します。対してGoogleはスマホユーザーに使い続けてもらうためにもパソコンのサイトのみでの評価というわけにはいかなくなってきたようです。これによりスマホ対応が重要視されるようになりました。

モバイルファーストインデックス

これらGoogleの発表やそれを紹介する記事などで、「モバイルファーストインデックス」という言葉を耳にされたことがあるかもしれません。ここではこの「モバイルファーストインデックス」についてご説明いたします。Googleが発表したモバイルファーストインデックス(Mobile First Index,MFI)とは、簡単に言えばサイトの評価をパソコンからスマホに切り替えるというものです。要するに前述のクローラーがスマホサイトを巡回するということです。

モバイルファーストインデックスの必要性

なぜ必要なのか、それは前述の背景が大きく関係してきます。スマホが普及する中で、おそらく検索行動を行う頻度はおそらくスマホの方が多いと思います。そんな中でスマホ対応のサイトの増加を促すという意味も込めて、Googleの検索アルゴリズムをスマホ(モバイル)基準に変更したということです。発表の背景や基準の根拠も理解しました。では、実際に対策をするとなるとどのような点に注意し、どのような対策をすれば良いのでしょうか。

スマホSEO対策

ここではスマホSEO対策をするにあたって、必要な準備やそれに関連する用語などについてご説明いたします。

モバイルフレンドリーとは

スマホSEOにおいてそれに関係する言葉があります「モバイルフレンドリー」です。モバイルフレンドリーとは、スマホでの閲覧に適したサイトの評価・順位を上げ、適さないサイトの評価・順位を下げる仕組みです。モバイルフレンドリーなサイトにしておくことでスマホSEOにおいて重要だと私は思います。モバイルフレンドリーなサイトには検索結果に「スマホ対応」のラベルがつくので、ユーザーにも運営者の方にもメリットがあります。

モバイルフレンドリーテスト

上記のサイトにあなたのサイトのURLを入力し、スマホ閲覧に適しているかチェックしてみましょう。無料で簡単なものですし、Googleが提供しているものなので安心してテストが行えるので是非とも活用していただきたいと思います。ただし注意しておいて欲しいのは、このテストはページ単位での評価を行うということです。つまり、5ページ中の4ページがクリアしていても、残りの1ページがアウトなら、否応なくそのサイトはモバイルフレンドリーではないということになります。それではどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

気をつけるポイント

気をつけるべき点として以下のような点が挙げられます。スマホに適したレイアウトにあなたのサイトが適したレイアウトであるか確認しましょう。スマホとパソコンではかなり勝手が違います。例えば画面サイズです。画像などのコンテンツが画面の幅からはみ出してしまうと、ユーザーは上下左右にスクロールしなければなりません。観覧側のストレスないように、スクロールも縦方向だけに統一することが大事です。

タッチするコンテンツの押しやすさ(操作性)

パソコンではマウス操作であるため細かい操作が可能です。しかしスマホは指で操作するため、パソコンに比べ細かい操作が苦手なので、ボタンなどの要素は大きめに、かつ、それぞれの要素に対して十分なスペースを確保して、誤操作が起きないようにしましょう。

フォントサイズ(視認性)

前述の通りスマホとパソコンでは勝手が違います。わかりやすいところで言えば、画面のサイズです。スマホの方がもちろん画面のサイズは小さいです。ということは表示されるものも小さくなります。ということはパソコンよりもフォントサイズに注意しておかないと、パソコンでは普通に読めて、スマホでは読みにくいサイトが出来上がってしまいます。モバイルフレンドリーなサイトにしたいわけですから、スマホ上でのフォントサイズにも注意しておきましょう。

Flash

Flashというのはホームページにアニメーションを付与するソフトです。このソフトは本来スマホに対応していません。閲覧する方法もあるようですが、動作の保証はできません。スマホSEOの観点から見て、スマホ対応していないものはあまりよろしくありません。スマホSEOを意識するのであれば使用を控えた方が良いでしょう。もちろんこれらのポイントはほんの一部にすぎません。これらの他にも表示スピードやコンテンツの質のように今までのSEO対策で行なっていたであろう対策も行いましょう。また、スマホSEOはもちろん大切ですが、そればかりに固執しすぎないことも大切です。今までのような外部・内部対策も大切なので、そちらに力を入れておくことお勧めします。スマホSEOだけを行えば上位になれるかというと、一概にそうだとは言えません。 これから対策をしていこうという方はまず今までの対策を振り返り、計画的にスマホSEO対策を行いましょう。

クイックゼロのレンタルホームページには充実のサポートがついています

レンタルホームページ、クイックゼロならサーバーやドメインの取得といった面倒な手続きは一切不要です。簡単、低価格であなたのホームページを作成することができます。基本プランでは、ドメインは「.com/.net/.org/.biz/.info」の中からお選び頂けます。また、ホームページの活用方法や集客方法などは、専門のスタッフもいるのでサポートやアフターフォローもついています。もしあなたが、経営者・個人事業主・ウェブ担当者でこれからホームページを作成しようと思っているなら、簡単、低価格であなたのホームページを作成することができる、レンタルホームページ、クイックゼロを検討してみてください。 ちなみに、当社では本格的なホームページを月々5,000円から利用できるレンタルホームページというサービスを行なっていますが、はじめから美しいデザインになるように計算されたホームページのテンプレートがあります。もしあなたが、これから何かしらのテーマのホームページを作ろうとされている方なら、ぜひ一度覗いてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた関連記事