Home > 記事一覧 > オウンドメディア作成における失敗…
このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページ制作

オウンドメディア作成における失敗…


今回のお悩み者様は、オウンドメディア戦略を会社として実行しようとしたけれど、素人集団だったために、せっかく立ち上げたメディアをうまく運用することができなかったということでした。

お悩み者プロフィールNo.63|オウンドメディア作成における失敗…

世の中にはたくさんのホームページがあり、ホームページによって成功している人もいれば、なかなかうまくいかず悩んでいる人もいます。

特に最近はオウンドメディアと呼ばれるホームページが集客の戦略として注目されていますね。

過去にオウンドメディアを作った人たちは、どんな苦労や失敗をしてしまったのでしょうか? オウンドメディアを作成した時の苦労/失敗/苦い体験を先回りで知って、転ばぬ先の杖にしようというのがこの企画です。

プロフィール

  • ホームページを作った時期:2016年3月
  • 何のホームページ?:会社のオウンドメディア
  • レンタルしたサーバー:エックスサーバー
  • SSLの取得:取得していない
  • ホームページ作成者:自分

オウンドメディア作成の失敗…

私のオウンドメディア(ホームページ)作成苦労話をお話しします。

私たちの会社でオウンドメディアを作ることが決まったのが、2016年3月のことでした。私たちは、社員6人の小さなコンサルティング会社なので、WEBに強い人はおらず。。そのため私が急ごしらえの担当者となり、「とりあえず作ろう」という見切り発車でプロジェクトが始まりました。

まず行ったのはエックスサーバーとの契約、ドメイン取得、ワードプレスのダウンロードなどです。しかし、、プロがやったら2時間ほどで済む工程も、調べながらエラーを出しながらで、なんと4日間もかかってしまったのです。今思えば、業者に頼むのが筋でした。しかし、当時はよく分かっておらず…「自力で何とかなるのでは?」と簡単に考えてしまっていたのです。

そしてさらにここからが大変でした。

1週間かけて設定したオウンドメディアも、「どんなコンテンツを載せるか」が明確になっていなかったため、ほとんどカラッポで運用することになってしまったのです。社内に魅力的なキャッチコピーをつけられる人も、うまいブログを書ける人もいません。そのため、ハコだけはなんとか作ったもののクオリティの低いままオウンドメディアを放置することになったのです。

たまたま誰かが訪れたとしても「工事中」のまま。。検索順位が上がるはずもなく、逆にサイトの信用性はどんどん下がってしまいます。そして、人件費もかかるだけで…オウンドメディアを作る前より業績が下がるという結果になってしまいました。

その後、知り合いのつてで良いWEBデザイナーに巡り合い、相応の金額を使ったことでサイトは見違えるようになりました。この経験から、オウンドメディアを作るときは「素人判断をしない」「コンテンツが無いうちに設定をしない」「作ることより運用することが大事」という教訓を得ました。やはりプロの知識は、必要ですね。

オウンドメディアを作る上で

クイックゼロの中村です。

今回のお悩み者様は、オウンドメディア戦略を会社として実行しようとしたけれど、素人集団だったために、せっかく立ち上げたメディアをうまく運用することができなかったということでした。

オウンドメディア戦略は近年集客の手段として注目を集めています。オウンドメディアという今風のネーミングですが、要するにホームページです。ホームページにたくさんコンテンツをアップしていきSEOを狙うコンテンツマーケティングと言われる手法です。ちなみにメルマガもオウンド、つまり自分たちで所有するメディアなのでオウンドメディアの一つです。オウンドメディアの良さは、自分たち所有のメディアなので、消えることがなく、発信の回数や更新などが好きにコントロールできることですね。

今回の方は、ホームページのオウンドメディアを選択し、施策の実行をし始めたけれど、肝心のコンテンツをどのように作成するのかということを決めておらず、作ったはいいものの、さてどうしようとなってしまったということでしたね。手順的には、下記のような手順があると言われています。

  1. チーム作り
  2. 情報共有体制
  3. 記事のカテゴリ決め
  4. 連載のアイデア出し
  5. コンテンツの外注
  6. スケジュールの管理

編集長を決め、どのようなコンテンツをどんなチームで作成していくかということですね。この中で割と最も重要なことは記事のカテゴリの選定、キーワードの選定です。

自社の商品と紐づく、自社の製品のユーザー(ペルソナ)が検索するであろうキーワードは何か?検索ボリュームはあるか?競合はどうなっているか?などの分析が必要で、ここを見切り発車でやると、そもそもメディア戦略が失敗してしまいます。特にこの辺りはしっかりとプロを入れたほうがいいと思います!

クイックゼロのレンタルホームページには充実のサポートがついています

レンタルホームページ、クイックゼロならサーバーやドメインの取得といった面倒な手続きは一切不要です。簡単、低価格であなたのホームページを作成することができます。基本プランでは、ドメインは「.com/.net/.org/.biz/.info」の中からお選び頂けます。また、ホームページの活用方法や集客方法などは、専門のスタッフもいるのでサポートやアフターフォローもついています。もしあなたが、経営者・個人事業主・ウェブ担当者でこれからホームページを作成しようと思っているなら、簡単、低価格であなたのホームページを作成することができる、レンタルホームページ、クイックゼロを検討してみてください。

ちなみに、当社では本格的なホームページを月々5,000円から利用できるレンタルホームページというサービスを行なっていますが、はじめから美しいデザインになるように計算されたホームページのテンプレートがあります。もちろんスマートフォンにも対応しています。もしあなたが、これから何かしらのテーマのホームページを作ろうとされている方なら、ぜひ一度覗いてみてください。

※ 下記の見本ページは、画像として張り付いているため、レスポンシブ対応していません。

カフェ向けテンプレート

企業向けテンプレート

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた関連記事