Home > 記事一覧 > 「なんのためのホームページか?」を考える
このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページ制作

「なんのためのホームページか?」を考える

これからあなたが作ろうとしているホームページは何のために作ろうとしていますか?「何のためって、、、?そりゃお客さんを集めて売上を上げるためでしょ?」と思われたかもしれませんが、そう思った方は、あともう一歩踏み込んでホームページの目的を考える必要があるかもしれません。

目的(なんのためのホームページか?)を考える

このホームページであなたの商品を直接販売するのが目的なのか、それとも問い合わせをしてもらうためが目的なのか、はたまたあなたの存在を知ってもらうことが目的なのか、きちんとした会社または店舗だと信頼してもらうことが目的のホームページなのか、などなど。または、当然これらの複合的な目的があるのかもしれませんが、何のためにホームページを持とうとしているかというところが考えられていない、もしくは事前設計が甘いと、いざホームページができたところで「ところで、このホームページは何の役割があるんだっけ?」となってしまったり、「お客さんが見てくれない、見てくれても本来得たい成果が得られない」ということになってしまいます。実際に、目的を果たしていないホームページは世の中にたくさん存在しており、目的を果たすホームページに改善するWebコンサルティング会社が多数存在しているのはそういう背景なのです。なので、決して難しいことではありませんので、まずはホームページの目的をハッキリさせておきましょう。もちろん複数の目的を果たしたいということもあるでしょうから、そのあたりは明文化しておくと良いと思います。明文化しておくことで、のちのち実際にページを作成しておく時に役に立ちます。

目標(ゴールは何か?)を考える

目的を考えたら、次は目標です。目的というのは「的」という字が入っている通り、最終的に「矢」を当てたい「的」、つまり最終到達地点です。目標というのは「標」という字が入っている通り、「的」に「矢」を当てるために通るべき通過点です。例えば、「毎月5件の問い合わせが来る」とか、「毎月のPV数が1万ある」とかです。ビジネス上のホームページであれば、どんな通過点はあれど、最終的には売上というところに繋げたいと思います。だとした時に、その売上を達成するために、どんな状態を創り上げるのか?というのが目標ということになります。あなたはホームページを作ったら、いつまでにどんな状態にしたいと思っていますか?

顧客(どんな人に対して?)を考える

目的、目標が決まったらいよいよホームページの作成、、、と思われるかもしれませんが、あともう少し待ってください。もう一つ大事なことがあります。それは、どんなお客さんにホームページを見てほしいのか?を考えるということです。「は?さすがにそんなの分かってるよ!!」と思ったかもしれませんが、ここももう少し深く考えてほしいのです。というのも、ここがぼんやりしてしまうと、せっかくのホームページが目的・目標が達成されなくなってしまうからです。例えば、飲食店の場合、もちろんいろんな層の人たちに来てほしいと思いますが、全ての層のお客様にフィットさせるというのは現実的には難しいです。20代女性にフィットする内容や言葉選びと、50代男性にフィットする内容、言葉選びが一緒のはずがありません。もちろん複数のターゲット顧客がいることは構わないのですが、その場合、ターゲット顧客をしっかり分ける必要があります。そしてそれぞれの顧客に合うページを作り、言葉を顧客に合うように丁寧に作りこんでいく必要があります。なので、顧客(どんな人に対して)を考えるということは、ホームページを作る前にしっかりと考えておく必要があるのです。

クイックゼロなら、お客様にあった最適なプランのご提案をします

レンタルホームページ、クイックゼロなら、ご提案・打ち合わせを経て、お客様にあった最適なプランのご提案やご案内をいたします。簡単、低価格であなたのホームページを作成することができます。もしあなたが、経営者・個人事業主・ウェブ担当者でこれからホームページを作成しようと思っているなら、簡単、低価格であなたのホームページを作成することができる、レンタルホームページ、クイックゼロを検討してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた関連記事